スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

2009/03/21 21:33 

疲れた一日の終わりに

話したくなる君に

時々届く

テレパシー

見えない何かで

引き寄せられてるの?

それとも偶然?

どっちでも

いいよね

君は そこにいてくれるから

スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/21 17:26 

しばらく連絡がなくたって

近くにいるのに 話さなくたって

今なら

信じられるよ

貴方の事が まだあんまりわからなくて

貴方が 私とは ちがうタイプでも

今は

信じてるよ

貴方は 

私を必要としている

って。。

・・・たぶんね

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/21 12:05 

悩みに悩んで

考えて考えて

君にお願いしようと

勇気を出して言った

「ねぇ、お願いがあるんだけど」

君はどんな顔をするだろう?

君は私のこと 嫌いになるだろうか?

心の中は どっきどき

「ん?なんなりとどーぞ」

いつもより優しい笑顔で

そう答えてくれた君に

今日も 完敗だ

ダイスキ!

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/21 06:19 

お日様が顔をだす時の

低いところのオレンジと

晴れを知らせる水色と

まだ夜を続けてる

高いところのブルー

空の

三層ゼリーみたいだね

トッピングは

三日月のお月さま

・・・こんな空を 君にも

見せたいけど

まだ眠っているだろうから・・・・

いつか ふたりで

同じ窓から見ようね

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。