スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

2009/03/24 06:06 

優しい貴方に出会えて

優しい言葉をもらって

さっきの悲しみも

「悩むことじゃないさ」

と思わせてくれる

君に似合いの人になろう

君から想われる人でいよう

それが 私の

プライド

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/24 06:04 

なんだか疲れてて
なにもする気がなくて

楽しい話題も
思いつかない

そんな日は
貴方に会いに行く
勇気もなくて・・・

だけど

会わなくても
近くにいるという安心感を
持てるようになったのは

貴方がいつもみせてくれる
笑顔のおかげね

今日は
自分磨きの日にしよう

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/23 21:40 

君の行動は
時々 予想外で

私を心配させたりするけど

君の言葉は
いつも 正直で

私を大切だと伝えてくれる

だから

私は決して君を裏切れないと
思うんだ

これからも
よろしく

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/23 17:38 

朝の貴方
昼の貴方
夜の貴方

少しずつ顔がちがうのが
楽しくて

毎日 わくわくしながら
考える私

今日は
何時に会いましょうか?

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/23 12:32 

当たると痛いような
激しい雨にも

看板が倒れるような
強い風にも

凍えてしまう
冷たい気温にも

その姿を
隠すことなく
手足を広げ

しなやかに伸びる
桜の木の枝のように

柔軟に 強く生きていけたら
いつか
私色の花を
咲かせることができるだろうか

薄桃色の 優しい花を

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/23 06:32 

君と会う時
いつも君が最初に見せる笑顔が

私に不思議な
安心感をくれる

きっと それは
恋人に向けられたものとも違うし
ただの友達にでもない

遠い昔
この世に生まれる前に
どこかで出会っていたように

懐かしく・・・・
大切な人に
向ける笑顔に 似てる気がする

だから
いつも私は 思うんだ

ここにいようって 

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/22 21:40 

お月さまが

とってもきれいだよと

君に伝えたくなったんだ

夜の風も

あたたかくて

ためらわず

家を出れる

そんな季節が 春

君との距離が

近くなりそうな

3月

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/22 19:33 

春の雨は優しくて

これから咲く花たちへの

プレゼントみたいだ

水をたくさんもらって

綺麗な花を咲かせ

寒さに 耐えてきた人々に

むくもりといやしと元気を

あげるための

空からの プレゼント

ほら

またひとつ

桜が咲いたよ 

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/22 15:28 

必要とされる人になりたいと

思っているけど

自分が誰かを

必要だと思わないと

そうなれない気がする

愛されたいと

思っているけど

自分が誰かを

愛さないと

愛してもらえない

そう

考えてしまうのは

自信のない

自分のせいだろうか?

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/22 12:27 

ずっと同じ場所に立ち

決まった季節になると

はなを咲かせる 桜を

今年も見に行きたくて

電車に乗る

そんな桜のように

ずっと同じ町に住み

君が会いに来たくなるように

自分を磨いて 待ってるよ

今年も来てくれたら

きっと

幸せをあげる

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/22 06:37 

暗い色の夜の空から

明るく元気色の朝の光に

包まれる瞬間

それは

突然ではなく

そっとやさしく

私を包み込むように

色がかわっていく

そんな朝の空に

君の存在は 似ている

私も まねしたい・・・・

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/21 21:33 

疲れた一日の終わりに

話したくなる君に

時々届く

テレパシー

見えない何かで

引き寄せられてるの?

それとも偶然?

どっちでも

いいよね

君は そこにいてくれるから

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/21 17:26 

しばらく連絡がなくたって

近くにいるのに 話さなくたって

今なら

信じられるよ

貴方の事が まだあんまりわからなくて

貴方が 私とは ちがうタイプでも

今は

信じてるよ

貴方は 

私を必要としている

って。。

・・・たぶんね

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/21 12:05 

悩みに悩んで

考えて考えて

君にお願いしようと

勇気を出して言った

「ねぇ、お願いがあるんだけど」

君はどんな顔をするだろう?

君は私のこと 嫌いになるだろうか?

心の中は どっきどき

「ん?なんなりとどーぞ」

いつもより優しい笑顔で

そう答えてくれた君に

今日も 完敗だ

ダイスキ!

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/21 06:19 

お日様が顔をだす時の

低いところのオレンジと

晴れを知らせる水色と

まだ夜を続けてる

高いところのブルー

空の

三層ゼリーみたいだね

トッピングは

三日月のお月さま

・・・こんな空を 君にも

見せたいけど

まだ眠っているだろうから・・・・

いつか ふたりで

同じ窓から見ようね

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/20 21:24 

つかれた夜の

おやすみメール

貴方を近くに感じたくて

布団の中から

だしている

いつもは

返事をくれるのに

来ない夜は

訳もなく

不安になるのは

なぜ?

明日 また

会えるのに・・・・

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/20 18:21 

「私って 同性には モテルのよねぇ~」

それでいい
それがいい

ただひとり

貴方に
必要とされていれば・・・・



テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/20 12:12 

今までは
恥ずかしくて
言えなかったけど

今は
小さい声でなら
言える夢がある

「かわいい女になりたいの」

少しわかりかけた
心のかわいさ

まだ
今は

それを
表すすべを見つけられないけれど

貴方がいれば
なれそうな気がする

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/20 06:12 

求めないで
君の傍で

ただ

話しをしたり
笑ったり・・・

素直なままの私は

たったひとこと

「好き」という
言葉だけが 言えない

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/19 20:13 

貴方の言う事は素直に聞けて

貴方のする事は信頼ができて

貴方に最初に話したくなる

そんな君のまねをして

私も 正直に生きたいと思う

そこに生まれる夢を抱きしめて

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/19 12:03 

昨日までと同じ場所にいるのに

昨日より色がきれいなその場所は

昨日までの疲れをそっといやして

私に元気を勇気をくれる

春。。菜の花の咲く土手

ひとつちぎって

貴方にあげよう。。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/19 06:58 

貴方の言葉に
一喜一憂して

貴方の行動に
興味を持って

貴方の気をひく
笑顔を作る

頭では考えられない

心の欲求

これって、恋?

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

実はね。

2009/03/19 05:58 

「一日に何個も記事を書いて、偉いね^^」

って、誉めてくれた人がいます。

でもね・・・・

実はね・・・・

今までのは、書き溜めたモノでした。

       いやー゚。(*^▽^*)ゞ

それが、底をついてしまった。。

       いやー゚。(*^▽^*)ゞ

まぁ~!大変!!




・・・と、言う訳で、これからは、書きおろしで

ぼちぼち日記になりそうです。

ご了承ください。。

      いやー゚。(*^▽^*)ゞ

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

日記!?Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/18 21:03 

見上げた夜空に
半分のお月さん

あなたも同じ月を
見ていたら

悲しみは
貴方と私で半分こ

優しい色した
半分のお月さん

貴方が私を
思い出してくれたら

楽しい事も
貴方と私で分け合うの

夜空にぽっかり
半分のお月さん

うすオレンジの
あたたかい光

「あなたに とどけ!」

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/18 06:40 

貴方がそこにいる日常が

私が笑ってる毎日が

子供たちの声が聞こえるこの道が

変わらず今日もあることに

ただ感謝して

去年咲いた花に

道を横切る野良猫に

君につながっている青空に

変らずまた会えますようにと

祈りたくなる 春近い朝

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/17 21:00 

悲しい夜は傍にいて

少しの間

背中を貸してください

振り向かないでね

お願いだから・・・・・

後ろに気配を感じなくなったら

振り返っていいよ

そこに そっと置いていくわ

七色の 金平糖

「さっきのは、涙じゃないよ」って。。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/17 11:48 

毎日
自分らしく生きて

毎日
何かを感じて

毎日
少しお勉強

それを報告した時の

貴方の笑顔が

私の

「金メダル」

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/17 06:05 

飲みかけのコーヒー

ふたのあいたお菓子

途中から白紙の手帳

さっきまで見てた夢

返事のこないメール

出てこない言葉

殺した感情

手にした本

・・・・途中でなげだしたものばかりなのに

これだけは 捨てらんない

「強がってる私」

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/16 20:53 

貴方と出会えたことに感謝して
貴方の言葉に力をもらって
貴方の生き方に学んだ

後は・・・・

私と出会ったことで笑顔が増えて
私の言葉で緊張がほぐされて
私の生き方が気になる

・・・そんな存在になってみたい

がんばろうか。。

「もう1回」

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/03/16 12:51 

出会いが作る

会話 時間 笑顔

楽しい事は2倍になるよ

出会って知った

悲しみ 寂しさ 涙

少しは受け取れてるのかな

君のために何もできないけど

いつも伝えたいよ

「君がいて 良かった」

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。