スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

2009/02/27 23:51 

冬の星空の下
自転車を押しながら
歩く私

携帯から聞こえる
貴方の声を
聞くのに必死で

寒さも忘れてた
帰り道

声って
あったかいね

スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/02/27 20:49 

貴方が今
何を考えているかなんて
気にしない

貴方が今
何かに悩んでいるかなんて
気にしない

貴方が今
誰と会っているかなんて
気にしない

余計な心配で
曇った顔より

全てを明るくする
お日さまのような笑顔で
貴方に会いに行くわ

冬の私は
疲れた貴方を包む
陽だまりでいたい

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/02/27 12:16 

面白い時の グー!

おいしい時のグー!

がんばった時のグー!

悔しい時のぐぅ。

がんばる時のぐぅ。

ひとり握りしめた手を広げて

いつか貴方と

手と手を合わせ

ぬくもりを分けあいたい

そのための

ふんばる ぐぅ!

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2009/02/27 06:17 

どんな言葉を使えば
私の気持ちが
貴方に伝わるのだろう

どんな歌を贈れば
私は貴方を
元気にできるのだろう

目の前で
一緒に泣けたら

傍にいて
ぎゅっと抱きしめられたら

小さなわだかまりは
二人のぬくもりで
溶けて消えてしまうのに

北風吹く季節は
離れている貴方を
温める言葉がうまく見つからなくて

何度も繰り返す

好きだよ

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

<好き>Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。